芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

将棋の称号 “永世○○”や“名誉○○”の凄さとは?どういう条件でそうなるの?

現在、第二次ブームが来ているといっても過言ではない「将棋」。

今回は、最近将棋にはまった方がよく混乱する、
称号“永世”と“名誉”について、
どういうことだかわかりやすく解説していきます。

目次は

  • 称号“永世”と“名誉”について
  • “名誉王座”だけ特殊な理由
  • 名人戦の称号と歴史
  • 称号獲得条件
  • 称号獲得者一覧
となっています。

スポンサードリンク


称号“永世(えいせい)”と“名誉”について

将棋対局

よく、「永世○○」「名誉○○」といった呼び方をしますよね。

これは、大会などで圧倒的な強さを見せる棋士に、

殿堂入り」という形で与えられる称号です。



例えば「竜王戦」という

将棋界最高の大会がありますが、

これで殿堂入りすると

永世竜王」となるわけです。



殿堂入りという扱いですので、

当然ひとつでも持っているだけで

将棋界ではレジェンド扱いです。


それだけすごい称号なんですね。



この永世名誉称号は、

原則としてプロを引退してからあたえられるものだそうです。



なので、バリバリに第一線で活躍している

プロ棋士界のエースのような人などは、

称号は持ちながらも名乗りはしていないことが多いようです。



“名誉王座”だけ特殊


将棋界には“七大タイトル”と呼ばれる

7つの最高峰の大会があります。



将棋界七大タイトルについての記事はこちら

将棋・タイトル戦の序列を知ろう



この七大タイトルには、

全て“殿堂入り称号”がありますが、

6つが“永世”であるのに対して、

タイトル「王座戦」だけ、称号が“名誉”です。

すなわち、王座戦だけ「名誉王座」という称号が与えられます。



王座戦だけ“名誉”称号となった理由は、

プロ囲碁界の7大タイトル戦のひとつにも「王座戦」があり、

囲碁での王座戦で既に“名誉王座”という称号があったため、

それになぞったと言われています。



名人戦の“永世”称号に伝統あり


名人戦での殿堂入り称号も、

他とはちょっと違う呼び方をする時があります



名人戦では、過去に永世名人となった順番に

○○世名人」と呼びます。



例えば、歴史上最初の永世名人には「一世名人」、

歴史上2人目の永世名人には「二世名人」という風です。



一世名人は、

なんと約400年前の1612年

大橋宗桂という人物に与えられています。

大橋宗桂は、あの織田信長徳川家康に仕えた人物です。

非常に歴史の長い称号ということがわかりますね。



ちなみに、この永世名人の称号に関しては、

十三世名人までは、いわゆる「棋士」という職が

家元制という、いわゆる世襲制でなれるものだったため、



現在の「プロ棋士」ような、

身分などの関係ない実力による職業ではなかったのです。



そのため、十四世名人木村義雄名人からが、

実力による真の永世名人だとする声もあります。



称号獲得の条件



ここでは、将棋界七大タイトルの

殿堂入り称号獲得条件をまとめてみました。



称号獲得条件
永世竜王連続5期
または通算7期
永世名人通算5期
永世王位連続5期
または通算10期
名誉王座連続5期
または通算10期
永世棋王連続5期
永世王将通算10期
永世棋聖通算5期

このように、どのタイトルも

少なくとも5年という年月を重ねないと

永世名誉称号は手に入れられません。



“永世”“名誉”称号獲得者


続いて、過去の永世名誉称号獲得者をまとめてみました。



称号獲得者
永世竜王渡辺明
永世名人(実力制)木村義雄・大山康晴・中原誠・谷川浩二・森内俊之・羽生善治
永世王位大山康晴・中原誠・羽生善治
名誉王座中原誠・羽生善治
永世棋王羽生善治
永世王将大山康晴・羽生善治
永世棋聖大山康晴・中原誠・米永邦雄・羽生善治・佐藤康光



このように、非常に少ないですよね。

永世名誉称号は本当に

一握りの人間しかなれない称号だということが、

お分かり頂けたかと思います。



その中でも、羽生善治さんは

永世竜王以外の全てで称号を獲得しています。

近いうちに、

全ての称号で永世名誉称号を獲得した初の棋士

となるのではないでしょうか。





ちなみに、過去のタイトルホルダーを確認したい方は、

こちらのサイトがおすすめです。

将棋タイトルホルダー一覧



タイトル獲得者が色分けされているので、

誰がどの称号をどれだけとっているかというのが

非常に分かりやすいです。



中でも、やはり1995年の羽生善治さんの

全7大タイトル(+おまけにNHK杯も)

獲得しているさまは圧巻ですね。

横一列が全て羽生さん一色になっています。



いかがだったでしょうか



“永世”“名誉”称号が、どれだけすごいことかが

わかっていただけましたでしょうか。



これからは、永世名誉称号を見たら

「あ、この人はレジェンドなんだ」と

その人のすごさを感じてみてくださいね。

将棋がますます面白く感じられるようになるはずです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

著者情報

kkk
『CRISPY TREND』管理人です。記事がお役に立ちましたらSNSで紹介していただけると嬉しいです!