台風一過とは?英語だと?意味や例文・使い方

台風が多いシーズンになると、
必ず聞くこの言葉、「台風一過」。
しかし、間違えた意味で覚えている方も多いです。

そこで今回は、

  • 台風一過の意味
  • 台風一過の使い方・例文
  • 台風一過を英語で言うと?

以上の3点についてまとめました。

台風一過の意味

快晴富士山

台風一過の意味は以下の通りです。

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。

引用:台風一過 とは – コトバンク

このように、

  1. 台風が通り過ぎた後の晴れやかな天気
  2. 騒動が収まり、転じて晴れ晴れするさま

以上の2点の意味を持っています。

よく「台風一家」と間違えて覚えているお子さんや、

「台風が通り過ぎるんだから最悪なこと」と

勘違いする方が多いです。

実は良い意味で使われるということを

覚えておきましょう。

台風一過の使い方・例文

台風一過の使い方・例文をまとめてみました。

参考にしてみてください。

使用例:台風一過の青空

例文:台風一過の青空の元、野球大会が始まった。

(①「台風が通り過ぎた後の晴れやかな天気」の意味)

このように、「台風一過“の”○○」といった具合に、

まるで形容詞のように使います。

使用例:台風一過の職場

例文:社運をかけたプロジェクトが成功し、台風一過の職場模様である。

(②「騒動が収まり、転じて晴れ晴れするさま」の意味)

天気のことでなくても使うことができます。

騒動を台風のかわりに見立てて、

それが終わった後、好転した様子を表現できれば、

使うことができます。

台風一過を英語で言うと?

台風一過を英語で表現すると、

以下の通りです。

clear weather after a typhoon has passed

引用:台風一過の英語・英訳 – 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書

この通り、わずか一単語で
台風一過を表現する英単語はありません。
なので、こういった文章めいたものになります。

それぞれの英単語の意味は以下の通りです。

clear weather 晴天
after a typhoon has passed 台風が過ぎた後

“after a typhoon has passed”が、

“clear weather”という名詞を

後ろから修飾していると考えるとわかりやすいです。




こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です