芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

コーヒーの飲み過ぎの影響で癌や老化促進になる?

私たちの毎日をさまざまな状況で支えている、
どうしてもやめられないあの飲み物。
20131030-1

そう、コーヒーです。

朝起きた時、食事の後、仕事終わり、などなど
コーヒーは私たちの生活に欠かせないものとなっていますが、
ついつい飲みすぎちゃいますよね。

管理人も、毎日5杯くらい飲んでいた時期がありまして、
ちょっと不安になり調べてみました。

そこで今回は、

  • 癌になりやすい?

  • 老化促進しちゃうの?

  • コーヒーは一日何杯まで?
という点について詳しく解説しちゃいます。

スポンサードリンク


癌になりやすい?



これは全くのデマです。



癌の原因といわれている活性酸素という成分が酸性なのに対して、

コーヒーはアルカリ性ですので、

むしろ活性酸素を分解することができるのです。



ただ、この活性酸素は普段はウィルスなどの

外敵を駆除する役割もあるので、

飲み過ぎには注意しましょう。



老化促進しちゃうの?



これまた全くのデマです。



老化の原因というのも癌と同じ

活性酸素という成分によるものなんです。



上記の通り、コーヒーによって老化を防ぐことができます。

つまり、女性にとってはうれしい美肌効果につながるという訳です。



コーヒーは一日何杯まで?



コーヒーにはカフェインという成分が入っていますが、

これがいわゆる眠気覚まし

何杯も飲みたくなる中毒性などの性質を持っています。



一日2~3杯程度が適量かと言われていますが、

それ以上を毎日飲むようであれば、

あなたはカフェイン中毒になっているかもしれません。



適度にBreak(小休憩)を楽しみましょう。



まとめ



コーヒーは、一日2~3杯程度ならば

癌や老化どころか、美肌効果まである!

まさに“毎日を香り付ける”飲み物ですね。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

著者情報

kkk
『CRISPY TREND』管理人です。記事がお役に立ちましたらSNSで紹介していただけると嬉しいです!