芦田愛菜は今、慶應中学生!事務所はどこ?現在は何してる?


かつてドラマや映画で子役とは思えない抜群の演技力で注目された芦田愛菜さんですが、2017年の4月に中学生になっています。名門中学である慶應義塾中等部に進学したという噂の芦田愛菜さんの今現在ついて調べてみました。

芦田愛菜さんのプロフィール

名前 芦田愛菜
生年月日 2004年6月23日
(現在13歳)
血液型 A型
出身地 兵庫県西宮市
デビュー 2008年

子役として大活躍した芦田愛菜さん

@lovemanabiubiuがシェアした投稿 – 2017 10月 8 9:09午後 PDT


芦田愛菜さんと言えば子役ながら並外れた演技力が度々話題になりました。

芦田愛菜さんが最初に注目されたのは、2010年に放送された日本系のテレビドラマ「Mother」です。書類審査の際に参加資格である7歳にまだなっておらず5歳だったそうですが、事務所の人に勧められてダメ元でオーディションを受けた芦田愛菜さん。オーディションを受けに来た他の子役と一線を画していたそうで、芦田愛菜さんが抜擢されることになりました。

2011年には同じく人気子役の鈴木福さんと一緒に、フジテレビ系テレビドラマ「マルモのおきて」で史上最年少の連続ドラマ主演をやりきりました。鈴木福さんと一緒に歌った主題歌の「マル・マル・モリ・モリ!」は、子供を中心に大人気となりヒットしました。この年、芦田愛菜さんは鈴木福さんと一緒に第62回NHK紅白歌合戦に出場し、史上最年少出場となりました。

その後も映画「うさぎドロップ」や「阪急電車 片道15分の奇跡」に出演し、ブルーリボン賞新人賞を史上最年少で受賞するなど、演技力が高く評価されました。2013年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューも果たしています。

芦田愛菜さんの所属事務所は?

芦田愛菜さんは、子役が多く所属するジョビィキッズプロダクションに所属しています。

芦田愛菜さんの事務所はもともと幼児教室だったそうで、事務所に所属している子役をきちんと教育することで知られているそうです。きちんとしつけされた子役が多いことで、芸能界の中での評判は良く注目されている事務所のようです。

芦田愛菜さんの事務所は子供の可能性を見つけて伸ばしてあげるという教育方針を持っていようで、「わが子のやる気の育て方」という本も出版しています。この本は芸能界を目指す人のためだけでなく、一人前となって社会に出て行けるようになるための指針が記されていると話題になっています。

芦田愛菜さんは慶応中学生

@lovemanabiubiuがシェアした投稿 – 2017 10月 21 10:30午前 PDT


2017年2月に芦田愛菜さんが全国の女子中学校の中でも1、2位を争う難関私立女子中学校に合格したと週刊誌で報じされました。これについてネットでは、進学先は女子御三家と呼ばれる女子学院、雙葉、桜蔭なのか、はたまた慶應義塾中等部なのかなどと噂されました。

2017年4月に慶應義塾中等部の制服を着た芦田愛菜さんの姿がとらえられ、芦田愛菜さんの進学先は慶應義塾中学であることが確定しました。芦田愛菜さんは女子学院を含む複数の難関校に受かったようですが、女子学院などは芸能活動が禁止のため、最終的には芸能活動が可能な慶應義塾中学を選んだそうです。

本をたくさん読んでいた芦田愛菜さん

芦田愛菜さんは受験の年こそ仕事をセーブして受験勉強に励んでいたそうですが、それでも1年の勉強で最難関と呼ばれる中学に合格するのは並大抵のことではありません。それまでも忙しい芸能生活の中でも日々の勉強を怠らなかったはずです。

芦田愛菜さんは昔から本が好きで多くの本を読んでいたそうで、その数は年間300冊にも及ぶそうです。よく本をたくさん読む人は頭がいいと言われますが、芦田愛菜さんも読書で培った深い知識と考察が受験や演技に活きているのだと思います。

芦田愛菜さんの今現在は?


慶應義塾中学に通う芦田愛菜さんですが、今現在は女優の仕事を再開しているようです。

現在の芦田愛菜さんは、子役時代から比べると格段に大人っぽくなり、知的な雰囲気も持ち合わせています。2017年4月に池上彰さんに時事問題を聞かれた際は即答し、池上彰さんに「さすが」と舌を巻かせていました。

また、現在の学校生活についてと報道陣に問われると、「楽しいです」と話していたようです。今は慶應義塾中学に入学して半年経ち落ち着いてきた頃でしょうか。今後も芦田愛菜さんのさらなる活躍が期待できそうです。




こちらの記事も読まれています