芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

香川真司は創価学会と関係があるのか?噂の動画を検証

サッカー人気が高まりつつある日本で、
代表チームのエースナンバー10番を背負う香川真司選手。

香川

そんな香川選手を取り巻く、気になるワードが。
創価学会との関係は?

香川について調べると、頻繁にでてくるこのワード。
実際どうなんでしょうか?

というわけで、
なぜこれだけ噂になっているのか調べてみました。

こちらの記事もお読みいただいています
「香川真司」の海外の評価は?ファンハール政権下ではどうなる?(当サイト別記事)


スポンサードリンク


香川と創価の噂の原因


ことの発端は、

香川選手の両親が創価学会員だったということです。



これだけだと非常に安直な言いがかりのように思えますが、

ある動画が物議を醸しています。



気になる動画はこちら(20秒あたり~)




いかがでしょうか。



この香川選手が持つ紙に書いてある、

大量の「正」の字と、自分の名前



これは、創価学会が教えているリラックス法らしいです。

正の字をゆっくり丁寧にいっぱい書き、

そのあとその下に自分の名前を書くようです。



たしかにこれを見ると、

香川選手と創価学会の関係がちょっと気になりますよね

しかし、現在は海外での生活も長く、

香川選手が創価学会と接触したなどのスキャンダルもないです。



結論としては、

この動画はプロになったばかりで不安だらけの香川選手に、

家族が教えたものがたまたま撮られたものだと思います。


ですから、本人にとっては

そんなに重要なものではないのではないでしょうか。




香川選手がW杯でわざと負けたという噂はデマ


ブラジルワールドカップで負けた日本代表は、

戦犯としてしばしば本田圭佑選手をターゲットにしていますが、



初戦コートジボワール戦での

香川選手の低調っぷりが決定づけたという人も少なくありません。



そんな中、悲しい文章を見つけました。

香川選手が

「創価学会の命令で、負けるようにわざと低調なパフォーマンスを見せた」

というものです。



はっきり言って、一ファンとして

そんなデマカセを言うのは絶対やめてほしいです。



このデマカセの発端は、

創価学会がライバル国の朝鮮系の団体であるからという話が発端です。



たしかに、初戦の香川選手のプレーは

非難があってもおかしくないでしょう。



しかし、国を代表して戦う4年に一度の祭典で、

誰もが一目見ればエースとわかる10番を背負って戦う。

その重圧は非常に大きいものだと思います。



ですから、最初のプレーで緊張が出てしまうのは自然なことでしょう。

本当かどうかよくわからない出自から、

テキトーなことを言うのは絶対にやめましょう。



仮に創価学会を非難するとしても、

香川選手も「ついでに」非難するようなことは止めましょう。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

著者情報

kkk
『CRISPY TREND』管理人です。記事がお役に立ちましたらSNSで紹介していただけると嬉しいです!