マスオTVになぜか低評価が多い理由は「ベタ男」炎上騒動にあった

MasuoTVさん(@masuotv)がシェアした投稿

人気ユーチューバ―のヒカキンさんの幼馴染として知られているマスオさん。

そんなマスオさんが運営するマスオTVアップロードした動画でなぜか低評価が多いみたいです。

この記事ではマスオTVにある動画で低評価が多くなり炎上騒動にまでなった理由についてまとめていきます。

マスオさんのプロフィール

MasuoTVさん(@masuotv)がシェアした投稿

名前 マスオ
生年月日 1989年10月29日(現在27歳)
出身地 新潟県
身長 174㎝
血液型 A型
所属事務所 uuum

ヒカキンさんとは幼稚園の頃から高校までずっと一緒だったみたいです。
気づいたら一緒にいた、というくらい仲が良かったそうで現在でも同じ事務所に所属する等仲の良さは継続されているようです。

ユーチューバ―としての特徴は「わかりやすい説明」だそうです。
チャンネルはマスオTVマスオGamesの2つを運営しており、幅広い分野を取り上げているマルチクリエイターさんです。

マスオさんの本名について

マスオさんの本名は「みやもとまさお」である、ということが一番有力な候補となっています。

その理由ですがマスオさんが作詞作曲された曲がヒカキンさんの動画で紹介された時に、説明覧の方に作詞作曲:masao miyamotoという記載があるのです。

以下がその画像となっています。

マスオ 本名

この動画で紹介された頃はまだマスオさんがユーチューバ―としてはデビューしていなかったので信憑性の高い情報であると言えます。

YouTubeではマスオさんとして活動されていますが「みやもとまさお」からどういった経緯でマスオさんという名前になったのか、その理由については確認できませんでした。

今後また何かしらの情報が出てくる可能性もありますので今後に期待ですね。

追記

その後、マスオさんの本名が確定バレしました。

やはりミヤモトマサオで合っており、漢字は「宮本将男」でした。

なぜこれがわかったかというと、所属事務所であるUUUMが東証マザーズに株式上場したことにより、発覚。

上場するにあたり、UUUMは株の一部を自社の人気タレントに少しずつ分配したのですが、それを正式に申請するための書類にて、宮本将男と本名が出てしまったのです。

これにより、はじめしゃちょーさんやヒカキンさんなど他の有名ユーチューバーの本名も発覚しました。

これは証券取引所などに提出する公式文書のため、間違った情報は許されないので、確定と言える情報でした。

マスオTVに低評価が多い理由や炎上騒動について

マルチな分野で活躍されているマスオさんですがマスオTV低評価率が高いみたいです。

その理由ですが、マスオさんが以前飼っていた金魚の「ベタ男」が病気で死んじゃった時の対応にあります。
そのベタ男は視聴者さんから様々な情報を教えてもらいながら一緒に育てていた金魚でした。
なのでベタ男が病気で死んでしまったときに、マスオさんはベタ男のためにお墓を作って埋める、といった内容の動画を制作し公開しました。

以下が炎上騒ぎの発端となってしまった動画になります。

そこまでは良かったのですが、その動画に広告を付けたことが「ペットの死をお金にかえている」ということで批判を受けることになりました。
たしかにペットであるベタ男が死んでしまって悲しいはずなのに広告をつけるとはどういう神経をしているんだ、と思われても仕方ないですよね。

広告を付けたマスオさんが悪いというわけではなく、倫理的道徳的にどうなんだ、という話です。
この段階でマスオさんが「確かに広告を付けたことは適切ではなかった」という風なニュアンスのコメントをしていればよかったのですがマスオさんはこのようにコメントされています。

マスオ コメント

感情的になってしまったのか言葉使いの悪いこの対応がアンチに火をつける事になりまして、炎上してしまう運びとなりました。

他にも低評価がついてしまうのにはこのような理由が考えられます。
マスオさんはヒカキンさんと幼馴染ということは上記でも紹介しました。
ヒカキンさんと言えばユーチューバ―として絶大な人気を誇っている、というのは多くの方が知っていると思います。
その幼馴染がマスオさんなわけですが、イメージとしてはヒカキンさんの人気に便乗してユーチューバ―としてデビューした感がありますよね。
そういった妬み嫉みからアンチに走り低評価につながっているということも十分に考えられます。

低評価が多い主な理由としては上記で挙げた、ペットであるベタ男の埋葬動画に広告を付けた件とヒカキンさんの人気への便乗感が拭えないということになります。
現在では低評価の数もだんだんと回復してきているようなので、これからは視聴者がどう思うかを考えて行動してもらえるともっとファンが増えるかもしれませんね。

これからも自身の武器である「わかりやすい説明」で他とは違う動画の制作を頑張ってください。




こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です