将棋・タイトル戦の序列を知ろう

日本が誇るボードゲームのひとつ、将棋

将棋の歴史は非常に長く、
プロ将棋界は特にテレビが普及してから続く人気コンテンツですが、
その将棋が盛り上がる時期こそ、タイトル戦です。

将棋盤

ですが、将棋のタイトル戦は大変多くの種類があり、
どれが一番すごいのかわからないなんてことになったことはありませんか?

○○名人」や「○○王位」など、いろいろな呼び方があって
誰が一番強いのかよくわからなかったりしますよね。

そこで今回は、主に将棋のタイトル戦の序列について
詳しく解説していきます。

将棋7大タイトルの序列

将棋の7大タイトル全てを皆さんはご存知ですか?

名人戦竜王戦棋聖戦王位戦王座戦棋王戦王将戦

この7つが7大タイトルになります。

現在の序列順に並べると以下の通りです。

  1. 竜王戦
  2. 名人戦
  3. 王位戦
  4. 王座戦
  5. 棋王戦
  6. 王将戦
  7. 棋聖戦
将棋対局

不等号で並べると、

竜王名人 >> 王位王座棋王王将棋聖

となっています。

竜王戦と名人戦が飛び抜けて格のあるタイトルです。

序列はどうやって決まっている?

序列はスポンサーによる賞金額によって決まっているようです。

賞金額は公表されていませんが、推定賞金額は以下の通りです。

  1. 竜王戦 ・・・ 4200万円
  2. 名人戦 ・・・ 2000万円
  3. 王位戦 ・・・ 1000万円
  4. 王座戦 ・・・ 800万円
  5. 棋王戦 ・・・ 600万円
  6. 王将戦 ・・・ 300万円
  7. 棋聖戦 ・・・ 300万円

繰り返しますが、あくまで推定額です。

ですが、日本将棋連盟のHPでの並びからいっても、
この序列順であることが推測できます。

ぜひ合わせてご覧になってください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
棋戦情報:日本将棋連盟

竜王戦と名人戦の微妙な序列

歴史という面では名人戦の方が圧倒的に格があります。

現在では、賞金額の面から
竜王戦がナンバー1であるということになっています。

実際、日本将棋連盟の棋戦情報ページでも、
竜王戦が一番上で、その下に名人戦という並びになっています。

しかしこういった面から、
竜王戦と名人戦のどちらが上かというのは、
プロ将棋ファンの間で意見が割れるようです。

3位からランクダウンした棋聖戦

王将

棋聖戦はもともとは序列3位でした。

しかし、賞金額の減額から、現在では一番下という扱いです。
(もちろん「7大タイトルの中では」ということを忘れてはなりません)

賞金で序列が変わるというのもちょっと世知辛い気がしますが、
たしかに、賞金が低ければ強いプロ棋士は参戦しませんし、
理にかなっているのかも知れません。

いかがだったでしょうか

歴史ある将棋界も、いろいろと変遷を経て今があることが
お解かりいただけたでしょうか。

最近では最年少プロ棋士として藤井聡太さんが活躍しております。

| 藤井聡太の凄さとは!通う中学も天才校だった!出身地はどこ?

また現役最年長を引退し、バラエティー番組でも活躍している、超個性的な加藤一二三さんも話題ですね。

| 加藤一二三の数々の伝説!「猫裁判」「ウヒョー」「待った」などなど

このお二人の登場で、現在進行形で将棋人気が爆上がりなのではないでしょうか。

今後も将棋界の動向に注視していきたいです。




こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です