芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

なだぎ武、本人が消えた理由や当時の年収を告白!現在は舞台で活躍?

一時「ビバリーヒルズ高校白書」のディランのネタでお茶の間を賑わせていた、お笑い芸人のなだぎ武さん。

他にも様々なキャラクターに扮装してのコントが話題だったのですが、近頃めっきり見なくなってしまいました。

現在のなだぎ武さんは一体どうしているのでしょうか? また、当時の年収は?


スポンサードリンク
スポンサードリンク

ディランのネタでブレイク

9ca8290e2fa9a072d6874da609c06358510c255d

なだぎ武さんは、お笑いコンビ「スミス夫人」、お笑いグループ「ザ・プラン9」を経て、ピン芸人として活躍。

「R-1グランプリ」では、2007年、2008年に優勝し、史上初の2連覇を飾りました。

img

特に人気だったのは、「R-1グランプリ」でも披露した、アメリカンドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」のディラン・マッケイのネタ。

元ネタのファンである今田耕司さんも認めるほどの激似っぷりで、一躍ブレイクしました。

ee99bafc031bad7706888517727e8adc

同じくピン芸人であり当時交際していた友近さんと「ディラン&キャサリン」(キャサリンは「ビバリーヒルズ高校白書」に登場しないオリジナルキャラクター)というユニットを結成し、コントを行ったりCDを出すなどの活動もしていました。

なだぎ武は何故消えたのか?

img_1

ディランのネタでブレイクしたなだぎ武さん。当然、番組のオファーもディランとして来るわけですが……。

コントをやってくれという話ではなく、ただ「ディランの格好」をして出演してくれという話が多く、逆にキャラクターを演じることは禁止されてしまったようです。

「ディランが出てるって、番組的にキャッチーやからその意図はわかるんですけど」

「僕の中でディランの格好をすると、あのキャラクターをやりたい。コントの中のキャラクターなんで。だから自分の中でどうしたらいいのか葛藤で、一時見失いました」

と、なだぎ武さんは当時の心境を振り返りました。

このままではいけないと感じたなだぎ武さんは、2008年の「R-1グランプリ」で別のネタを披露。見事に優勝します。

これで「ディランの格好」を振られることがなくなると思いきや、今度は「素の自分」でトークすることを求められるようになってしまいました。

「基本的に何かを演じたり演技をして何か面白いことをするのが好き。いわゆるコントとかね」

と話すなだぎ武さんは、大して面白くもないと感じる自分のことを話すより、演者として生きていく道を選んだようです。

なだぎ武の当時の年収

では、そんななだぎ武さんが一体いくら稼いでいたのか……気になりますよね。

なんと、ブレイクした当時の最高月収は800万円

現在の40代前半男性の平均年収がおよそ660万円であることを考えると、相当稼いでいたと言えます。

とはいえ、前述した「消えた理由」からして、求められるプレッシャーも相当なものだったのでしょう。

なだぎ武さんは、現在はどうしているのでしょうか?

現在は舞台で活躍?

img_0

実は2009年に「ドロウジー・シャペロン」というミュージカルの日本版公演に出演していたなだぎ武さん。

現在はそちらを本業とし、舞台俳優として活躍しているようです。

これまでにも「ハイスクール!奇面組」やミュージカル「ドヴォルザークの新世界」「三銃士」など、数々の舞台に出演。

なんと、今年2017年7月に公開されるミュージカル「ソーォス!」には主演で出演されます!

興味がある方は、是非とも観に行ってみてはいかがでしょうか?

SAUCE_main

最高月収800万もの稼ぎを出していた「ディラン」ネタのなだぎ武さんは、

テレビからは消えたものの、現在も違う舞台で活躍し続けています!


スポンサードリンク

あなたにオススメの記事

関連記事

著者情報

misanga

アーカイブ