福士蒼汰の彼女遍歴が圧巻!熱愛のウワサをまとめました

その爽やかなルックスからは想像できないほど、
熱愛報道が多いことでも話題に上がりがちな福士蒼汰さん。

今まで報道された数々のウワサは本当なのか?今や若手俳優を代表するまでに成長した、
福士蒼汰さんの熱愛報道を色々とまとめてみました!

福士蒼汰は恋多き男?

生年月日 1993年5月30日
(投稿現在23歳)
出身地 東京都
身長 183cm
血液型 O型
事務所 研音

デビューから話題作に立て続け出演し注目を浴びている福士蒼汰さん。

その人気を裏付けるように、
熱愛のウワサが絶えず、
常に誰かしらとの熱愛報道が上がっているという印象があります。

福士蒼汰出演のドラマや映画

まずは、福士蒼汰さんの主な出演作品を見てみましょう。

【ドラマ】
2011年「仮面ライダーフォーゼ」
2013年「あまちゃん」
2015年「恋仲」
2015年「図書館戦争」

【映画】
2011年−2013年「仮面ライダーシリーズ」
2012年–2013年「図書館戦争シリーズ」
2014年「好きっていいなよ。」
2017年「ちょっと今から仕事をやめてくる」

等など。

その中でも福士蒼汰さんの名が世間に知れ渡るようになったのが、2013年に大ヒットした「あまちゃん」。

「じぇじぇじぇ」が流行語大賞となるほど、日本中であまちゃん旋風を巻き起こしましたよね。

このドラマで、ヒロインの恋人役を演じたことにより注目を浴び、その後、数々のドラマや映画に出演していくのです。

朝ドラの出会いから生まれた熱愛のウワサ

2013年のNHK連続小説ドラマ「あまちゃん」。

この作品の大ヒットに貢献した福士蒼汰さんには、
共演した女優さんとのウワサが続々と出てきました。

有村架純との熱愛のウワサ

福士蒼汰さんをネット検索にかけると、
まず出てくるのが有村架純さんとの熱愛のウワサ。

Maripiさん(@maripi5044)がシェアした投稿

この画像のように仲のいい様子が伺えますが、
この熱愛の真相は、
「共演回数の多さから出たウワサ」
と考えた方が良さそうです。

「あまちゃん」をはじめ、
映画「ストロボエッジ」ではW主演で恋人役を演じるまで、
計4回も共演していました。

橋本愛との熱愛のウワサ

このウワサは、
福士蒼汰さんと橋本愛さんがデートしていた!
という情報が出回ったことで生まれたウワサだそうで、
その情報元である写真がこちら。

仲良く浴衣姿でデートをしている様子に見えますね!

しかしこれは見てわかる通り、雑誌の企画で撮った写真だそうです。

「あまちゃん」で共演していたことと、ものすごく仲が良さそうに見えることから、
「付き合っているんじゃ?」
と早とちりをしてしまった人から生まれた、ただのウワサと考えた方が良さそうです。

能年玲奈との熱愛のウワサ

まさかの「あまちゃん」3人目の熱愛のウワサですが…。笑

能年玲奈さんとのウワサのきっかけは、「アッコにおまかせ!」にて、

芸能リポーターが「若手女優のN.Rと若手俳優のF.Sの熱愛が近々発覚する!」とコメントしたことからだそうです。

これはイニシャルを伏字にしても簡単にわかっちゃいますよね!

「あまちゃん」での共演のイメージが付いていた人には真実味のある報道に感じたそうですが、
その後に何も情報が出てこないことから、
芸能リポーターの勘違いだったんじゃないか?
と考えた方が良さそうです。

まだまだ出てくる熱愛のウワサ!

川口春奈との熱愛のウワサ

福士蒼汰さんとは映画「好きっていいなよ」で共演した川口春奈さん。

この時も熱愛のウワサが出ていて、
そのきっかけは映画の完成披露試写会にて

・川口春奈さんが「蒼汰」と呼び捨てしていた
・(司会者の無茶振りながらも)福士蒼汰にキスをしていた
・撮影中に2人でキスの練習をしたとコメントをした

とただの共演者とは思えないほどの仲の良さから熱愛のウワサが出たそうです。

このように、共演回数もかなり多く、キスシーンも多いです。

これは怪しいなと感じてしまいますが、その後に何の情報もないことから、このウワサは「映画をアピールするための話題作り」と考えられているそうです。

綾瀬はるかとの熱愛のウワサ

福士蒼汰さんには10歳近く年が離れている綾瀬はるかさんとのウワサもあります。

ドラマ「きょうは会社休みます」で共演した仲で、
撮影の合間に2人きりで会話をしていたり、
「女性自身」は2人の箱根温泉旅行を報じたりしました。

しかし、この温泉旅行はドラマの撮影で使われていた場所でした。

キャストやスタッフが大勢いたということがわかったのでこのウワサは、「共演した様子が仲良く見えただけ」と考えた方が良さそうです。

もしかして全ての共演者とウワサが出ている?

福士蒼汰さんには他にも、2015年にドラマ「恋仲」で共演した
本田翼さん

2016年にドラマ「お迎えデス」で共演した
土屋太鳳さん

@hu_____ooがシェアした投稿

2016年に映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で共演した
小松菜奈さん

以上3人の共演者と熱愛のウワサが出ていますが、
共演終了後にはウワサもなくなることからいずれも、
「ただ共演しただけ」
と考えた方が良さそうですし、

もうここまでくると、
「福士蒼汰と共演すれば熱愛のウワサが出る?」
と考えた方が早い気もします。笑

福士蒼汰がモテるのはイケメンすぎる性格だから?

長身の爽やかイケメン福士蒼汰さんですが、自身の性格は「人見知りで頑固で負けず嫌いでポジティブ」と公言しているようです。

バラエティ番組での姿を見ていると、人見知りだなんてびっくりですよね。

福士蒼汰さんは、人見知りな性格を直すためにあえて友達のいない高校を選んだというイケメンエピソードがあります。

他にも福士蒼汰さんの性格がわかるエピソードがあるので紹介していきましょう。

独学で英語をマスター

福士蒼汰さんは、ローマ国際映画祭に参加した時にイタリア語で自己紹介、英語でスピーチを披露。

流暢すぎる発音に現地の人はとても驚いたそうです。

その姿がテレビで放送されたことで話題となりましたよね。

英語が喋れるようになったきっかけは、高校時代に英語の先生に「発音がいい」と褒められたことで、英語に興味を持つようになったそうです。

福士蒼汰さん曰く、「ひたすら単語を暗記して口にだすこと」だそうです。

帰国子女でもなく留学した経験もない福士蒼汰さんさんが、英語を喋れるようになったのは、地道な努力の成果だったのですね。

それを自慢しないところも福士蒼汰さんがイケメンだと言われる理由の1つかもしれませんね。

インドア派

アウトドア派のイメージの福士蒼汰さんですが、お家が大好きなインドア派だそうです。

休日になるとスウェットなど楽な服装でテレビやDVDを見てダラダラと過ごすことが多いのだとか。

誘われたら外出するそうですが、自分からわざわざ外に出ることはないそうです。

イケメンらしくキラキラとした休日を過ごしているのかと思っていましたが、普通すぎて親近感がわきますね。

家族を大切にしている

福士蒼汰さんは、両親、2人のお姉さんの5人家族でとても仲が良く、テレビやインタビューなどで仲の良い家族エピソードを語っています。

今でも実家に住んでいるそうで、毎週曜日を決めて家族で食事に出かけたり、ストレス解消法は家族といることなど、家族思いの福士蒼汰さん。

高校卒業後、大学に進学するか悩んでいたときも家族が後押ししてくれたおかげで、俳優としての道を歩むことができたそうです。

20代の若い男性なら家族について恥ずかしくて言えないことも、福士蒼汰さんは恥ずかしがることもなく家族愛を語る姿に、女性はキュンときちゃうのではないでしょうか。

男らしい

福士蒼汰さんは、告白するなら自分からするそうで、もし女性が先に告白したとしても、告白し返すと言う男らしい一面もあります。

爽やかイケメンのイメージが強い福士蒼汰さんですが、意外にも俺についてこいよ!というタイプなのかもしれませんね。

筋肉が凄い

福士蒼汰さんがイケメンなのは、顔や性格だけではありません。

スマートな容姿からはわかりづらいのですが、実は細マッチョなのです。

福士蒼汰さん所属の研音には、肉体改造部という筋トレをする部がありそこで体を鍛えているそうです。

体脂肪率は7.6%とアスリート並み!

「しゃべくり007」に出演したときに、鍛え上げられた筋肉を披露し、鍛えている理由について語っていました。

その理由が、
「男として強くないといけないから」

とても男らしいですよね。

他にも、「アクション映画に出演するときに細いとカッコ悪いから」という理由もあるそうです。

実際、映画「図書館戦争」ではアクションシーンがありましたよね。

肉体改造部で体を鍛えた成果でしょうね。

長身でイケメン、さらに細マッチョときたら、少女漫画に出てくる王子様のように見えてきますね。

福士蒼汰の熱愛のウワサのまとめ

ここでまとめただけでも、
福士蒼汰さんには8人とも熱愛のウワサがあったことになりますが全て、
「共演して仲が良さそうに見えたから」
という結果になってしまいました。

ここまで恋愛のウワサが立つのも、
ウワサで評判が下がらないのも、
福士蒼汰さんの人気を裏付けることとなりそうですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

福士蒼汰の本名や性格は?演技力はどう?




こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です