芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

「佐野ひなこと神木隆之介が熱愛発覚」と、文春砲炸裂!

佐野ひなこ 神木隆之介 サムネ 2016年6月に「週刊文春」に報じられたタレント・佐野ひなこさんと俳優・神木隆之介さんの熱愛報道。

神木隆之介さんには女優・志田未来さんとの熱愛報道があっただけに、このスクープは世間を騒がせました。

一体どのような熱愛報道だったのか?この「文春砲」についてまとめてみました!

5165


熱愛報道があがった2人のおさらい


佐野ひなこのプロフィール

佐野ひなこ サムネ
生年月日1994年10月13日
(投稿現在22歳)
出身地東京都
身長160cm
体重45kg
事務所ホリプロ

「ホリプロスカウトキャラバン2012」のファイナリストに残りタレントとしてデビューした佐野ひなこさん。

現在はドラマ出演やグラビアなど活動の幅を広げています。



神木隆之介のプロフィール

神木隆之介
生年月日1993年5月19日
(投稿現在24歳)
出身地埼玉県
身長167cm
血液型B型
事務所アミューズ

天才子役として知られてから今に至るまで、第一線で活躍を続ける神木隆之介さん。

様々映画やドラマ出演、スタジオジブリのアニメなど声優の活躍も知られていますよね。

当サイトには神木隆之介さんの関連記事があります。こちらもお楽しみください!

本郷奏多と神木隆之介はいとこ?ただの親友?共演作品は?


「文春砲」熱愛報道の全貌!


佐野ひなこさんと神木隆之介さんの熱愛を報じた「週刊文春」

撮られた「ツーショット写真」というのが、文春初のものだったらしいのですが、その写真というのがこちら!


佐野ひなこ 神木隆之介1

そう、ペアルックを撮られたのです!笑


熱愛報道の一連の流れ


以下、週刊文春が報じた内容をわかりやすくまとめてみました!

文春はペアルック写真を撮った5月より前の、3月ごろから佐野ひなこさんら2人関係を疑っていたそうで。

神木隆之介さんの自宅マンションに2人で入っていくのを数回目撃、佐野ひなこさんが合鍵を使い1人で入っていった日もあったそうです。

そして5月28日の夜、2人が神木隆之介さんの自宅から出てきた時に先ほどの「ペアルック」で共通の友人宅に遊びに出かけ、そこから帰って来たところ直撃取材したそうなのです!

3月   文春2人の関係を疑う
       ↓
〜5月  2人で自宅へ入るのを数回目撃
       ↓
5月28日 ペアルックで友人宅へ遊びに
       ↓
5月29日 2人を直撃取材


直撃取材された2人の反応は?

佐野ひなこ 神木隆之介2
「週刊文春」は友人宅からの帰り道、佐野ひなこさんがコンビニに寄り、外で待っていた神木隆之介さんを直撃取材した模様で。

「佐野ひなこさんと交際されていますか?」と直球な問いに神木隆之介さんは、



「いや、お友達なんですけど。(撮られた写真)消してもらっていいですか?別に悪いことしてないですよ」




と言いながらマネージャーに電話をし始めたようです。

コンビニから帰って来た佐野ひなこさんにも同じことを聞くと、



「どうなんですかね~。なんて言われるかわからないですけど」




と2人とも明言は避けたようです。

後日、熱愛報道が「週刊文春」に載った際の双方の事務所のが、



「仲のいい友達の1人です」




とコメントし、熱愛を否定したようです。


この熱愛報道のその後と反響


双方の事務所が熱愛を否定した後、「ただのゲーム友達です」とも関係を否定した2人。

残念ながらその後、確かな情報はありません。

しかし、何の関係もない男女が「ペアルック」なんてしますかね?笑

仲のいい友達だからおふざけでペアルックをしたとしてもお互い芸能人、人に見られる危険性を軽んじすぎだと感じました。

熱愛報道が出ても仕方がない話ですよね?

ネット上での反響


この報道はネット上で、ものすごく反響がありました。

神木隆之介さんは前回志田未来さんとの熱愛報道があった時には「祝福ムード」だったのですが、

今回の報道では「節操がない」と批判を浴びる結果となり。

佐野ひなこさんには以前から「男癖の悪さ」が噂されており、その評判に拍車がかかってしまいました。





これからの活躍が期待されていた2人だけあって残念な結果ですよね?

この報道の全貌をまとめ


今回の騒動で確かに言えることは、

・ペアルック写真を撮られるも熱愛は否定!

・神木隆之介と志田未来の関係を応援する人が多い!

ということだけかもしれません。


楽しめていただけたでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!

下記の関連記事もお楽しみください!


スポンサードリンク

あなたにオススメの記事


関連記事

スポンサードリンク

著者情報

malpasoyuto