芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

笑点メンバーの名前・本名と年齢をまとめてみた

1966年から続く演芸バラエティ番組「笑点」。毎週日曜日の夕方、私たちに笑いを届けてくれる笑点メンバーって馴染みがありすぎて逆に意外と知らないことがあると思います。今回は笑点メンバーの本名や年齢といった基本プロフィールをまとめてみました!

5165


笑点メンバーについて

笑点メンバー 2016年5月に桂歌丸さんがご勇退されたのを機に、
司会者が春風亭昇太さんに変わり
2代目林家三平さんが新メンバーとなった笑点メンバー。

大喜利での頭の速さ、
会話のテンションの高さからメンバー全員若々しく見えますが、
落語の世界では「師匠」と呼ばれる方達なので、
全員それなりに年齢を重ねています。

また、全員芸名で活躍されているので、
本名というのも意外と知られていません。

今回は笑点メンバーの基本的なプロフィールをまとめてみました!

ぜひ最後までご覧ください!


春風亭昇太のプロフィール

春風亭昇太
本名田ノ下雄二(たのした ゆうじ)
生年月日1959年12月9日
(投稿現在57歳)
出身地静岡県
活動期間1982年-
名跡春風亭昇八(1982年-1986年)
春風亭昇太(1986年-)


笑点メンバーから度々「独身」であることをからかわれる6代目司会者で白い着物の春風亭昇太さん。

5代目三遊亭圓楽さんから桂歌丸さんに司会者が変わる時、
桂歌丸さんの後継で2006年に笑点メンバーになりました。

その桂歌丸さんがご勇退される時に司会者を受け継いだわけですが、
「なんで若手の春風亭昇太が?」
と思われた方が多かったと思います。

笑点メンバーの中での立ち位置が低いせいか、
意外とその時の年齢が56歳とベテランだったということは知られていませんでしたね。

本名は田ノ下雄二というそうです。


三遊亭小遊三のプロフィール

三遊亭小遊三
本名天野幸夫(あまの ゆきお)
生年月日1947年3月2日
(投稿現在70歳)
出身地山梨県
活動期間1968年-
名跡三遊亭遊吉(1968年-1973年)
三遊亭小遊三(1973年-)


自らを「色男」と自称し笑いを取る水色の着物の三遊亭小遊三さん。

1983年より笑点メンバー加入、
犯罪ネタ、下ネタを言うなど、
「3枚目キャラ」としてのイメージがありますよね。

最近では卓球が強いことでも知られ、
高校生の時には県大会優勝、
1964年東京オリンピックで聖火ランナーも務めたそうです!

本名は天野幸夫というそうです。


三遊亭好楽のプロフィール

三遊亭好楽
本名家入信夫(いえいり のぶお)
生年月日1946年8月6日
(投稿現在70歳)
出身地東京都
活動期間1966年-
名跡林家九蔵(1966年-1983年)
三遊亭好楽(1983年-)


落ち着いた雰囲気ながら「仕事がない」などの自虐ネタをするピンクの着物の三遊亭好楽さん。

1979年から笑点メンバーになっていますが、
1983年に古典落語の修行をするために1度卒業、
4年のブランクがあることを知っている人はなかなかいないのではないでしょうか?

2014年に座布団を10枚獲得した際、
本人や家族、弟子をも対象になる、
限度額無制限の日本テレビ社員食堂利用カードをもらったそうですが、
カードが横1mほどあるために1回しか使ったことがないらしいです。笑

本名は家入信夫というそうです。


林家木久扇のプロフィール

林家木久扇
本名豊田洋(とよた ひろし)
生年月日1937年10月19日
(投稿現在79歳)
出身地東京都
活動期間1960年-
名跡桂木久男(1960年-1961年)
初代林家木久蔵(1961年-2007年)
林家木久扇(2007年-)


最古参・最年長であり、
おバカキャラで愛される黄色の着物の林家木久蔵さん。

1969年から笑点メンバーとして活躍し、
シンプルなダジャレの答え、
過去に失敗をした「木久蔵ラーメン」のイメージが強いですよね。

胃がん、喉頭がんを経験した「がんサバイバー」でも知られ、
2014年の喉頭がんは「声を失うかもしれない」というほどの症状で、
笑点を2、3ヶ月の間お休みをしたこともまだ真新しい記憶ではないでしょうか。

本名は豊田洋というそうです。


林家三平(2代目)のプロフィール

林家三平
本名海老名泰助(えびな たいすけ)
生年月日1970年12月11日
(投稿現在46歳)
出身地東京都
活動期間1989年-
名跡林家いっ平(1989年-2009年)
2代目林家三平(2009年-)


2016年からの新メンバーである丁子色(ちょうじいろ)の着物の林家三平さん。

まだ笑点メンバーというより、
「ぴったんこカン・カン」などのバラエティ番組に出演していた時のイメージが強い人もいるのではないでしょうか?

笑点の新メンバーに選ばれたことは、
「家族にも口外してはいけない」という程の機密情報で、
発表当日の生放送まで守り通し、
ご家族はものすごく驚かれたそうです。

最近では奥さんと仲のいいことや子育てをネタにして、
「独身である春風亭昇太さんを不愉快させる」というネタが定着しそうなので、
気がつけば笑点メンバーとして定着しつつあるのかなと思います。

本名は海老名泰助というそうです。


三遊亭圓楽(6代目)のプロフィール

三遊亭圓楽
本名會泰通(あい やすみち)
生年月日1950年2月8日
(投稿現在67歳)
出身地東京都
活動期間1970年-
名跡三遊亭楽太郎(1970年-2010年)
6代目三遊亭圓楽(2010年-)


インテリ、腹黒キャラで紫色の着物の三遊亭圓楽さん。

1977年から笑点メンバーとして活躍、
桂歌丸さんなど目上の人に毒舌を吐きながらも、
社会風刺で切り込む素早い大喜利をするイメージがありますよね。

青山学院大学法学部出身のインテリとしてクイズ番組にも出演したり、
2016年には愛人との不倫関係を「フライデー」され、
個性の強い笑点メンバーの中でも知名度が高いメンバーなのではないでしょうか?

本名は會泰通というそうで、
一見なんと読むのかわからないほどの珍しい苗字ですよね!


林家たい平のプロフィール

林家たい平
本名田鹿明(たじか あきら)
生年月日1964年12月6日
(投稿現在52歳)
出身地埼玉県
活動期間1988年-
名跡林家たい平(1988年-)


最後はおちゃらけキャラで橙色の着物の林家たい平さん。

2004年から笑点メンバーとして活躍していおり、
最初は師匠林家こん平さんの代理としてなのか、
林家こん平さんのようなネタをしていました。

最近では歌やモノマネなど、
広い世代に通用する大喜利でオリジナリティを確立しているイメージがあります。

また2016年の「24時間テレビ」のチャリティーマラソンランナーとして100km走ったことの印象も強い人ですよね。

本名は田鹿明というそうです。


笑点メンバーのまとめ


いかがでしたでしょうか?

数字としてみるよりも皆さん若い印象がありますよね。
山田隆夫 ちなみに、
「座布団運びの山田くん」こと山田隆夫さんも、
1956年生まれで還暦を迎えられています。

「明日からまた一週間が始まる…」と憂鬱になりがちな日曜日に、
毎週笑いを届けてくれる笑点メンバー。

健康に気をつけて今後の益々のご活躍を期待したいところです。

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサードリンク

あなたにオススメの記事


関連記事

スポンサードリンク

著者情報

malpasoyuto