ヒカル(Youtuber)の年収凄すぎ!なぜ金持ち?金髪起業家時代とは?

お金を派手に使う動画を作り、今やトップユーチュバーとなったヒカルさん。

桁違いな大金を使って検証する動画や、人を魅了にするトーク力で有名になり、今やカリスマ的人気を誇ります。

1年目にはチャンネル登録数が100万人、そして現在では、約268万人突破。

2017年8月現在では、月間チャンネル登録数では1位を獲得しています。

その動画の特徴からアンチが多いことでも有名ですが、彼が「金髪起業家」と呼ばれていた過去も嫌われている理由なのだそうです…。

今回は刺激的な話題を作り続けるユーチューバー・ヒカルさんについて、その驚きの年収や金持ちの理由、そのほかヒカルさんと協力して動画を作成しているメンバーなど、色々と調べてみました!

ヒカルのプロフィール

出身地  兵庫県
身長   175cm
事務所  NextStage

ヒカルさんのメインチャンネル(Youtubeへ)

今やトップユーチューバーとなったヒカルさん。

登録者数70万人を超える「ヒカルゲームズ」、ソロのチャンネルも早くも登録者数250万人を超えましたね。

この「お祭りの屋台くじで、15万円使ってもあたりは出なかった」という動画は、ワイドショーでも取り上げられ、ちょっとした社会的話題にもなりました。

ユーチューブを日頃利用しない人にも知られるようになったのではないでしょうか?

お金を大量に使うという動画の特徴から、アンチが多いヒカルさんですが。

どうも理由は最近の人には知られていない、「金髪起業家」と呼ばれていた時代も関係があるそうです!

「ヒカルの動画ってなんであんなにお金使えるの?」
「ヒカルって実家が金持ちなの?」

と、ヒカルさんが「お金を持っている」理由を知らない人は必見なまとめになっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

ユーチューバーヒカルの年収について

お金を湯水のように使うヒカルさんですが、そんなにお金使って大丈夫か?と思いますよね。

でも大丈夫、ヒカルさんの年収からしてみれば、全然問題ないみたいです。

ヒカルさんは、2017年5月にバラエティ番組「好きか嫌いか言う時間」に出演し、4年間で2億円も稼いだと明かしていました

それも、最初の2年間は全く稼ぐことができず、ほぼ残りの2年間で2億円を稼いだそうです。

元々ヒカルさんは、YouTubeはビジネスとして成功する確信があったようで、ユーチューバーになる前に稼いだお金を元手に2000万円投資して始めました

ヒカルさんの動画は、主に30代男性が好むような内容になっているのですが、子供たちの視聴者を増やすために、小中高生に人気のカードゲームを出したりプレゼント企画をしたりと、幅広い世代から支持されるように作っているそうです。

最近では、夏休み企画として「PS4を100台プレゼントする」動画を投稿していました。

このように、他のユーチューバーにはできないような動画を作ることで差別化を行なっているのです。

大金を使うことで批判されてしまうことも個性の1つであり、質の高い動画を更新し続ければ必ず評価されると自信もあるようです。

さらに番組では、今のペースでいけば今年は3億〜5億は稼げると告白し、スタジオからは驚きの声が上がっていました。

そして最近、ヒカルさんが今年度の年収について公表しました。

その額は、なんと5億円!!

ヒカル:今年度の年収は5億円くらいになると思います。視聴者さんがいてこその収入なので、これくらいは当たり前です。

――5億円ですか。すごいですね。その内訳を教えてください。

ヒカル:広告収益(再生数に応じた報酬)が60%。あとは企業案件が40%です。広告収益は1再生あたり0.1円くらいが平均と言われていますが、ぼくの場合は動画の再生時間が長かったり、高評価が多かったりするので単価が高く設定されていて、広告収益がほかのYouTuberよりも高い。

引用:カリスマYouTuberヒカルの年収は5億円 「日本一にふさわしいのはぼく」

ちなみに、ヒカルさんと同年代の一般的年収は、平均378万円。全体平均だと514万円。

さらに、大学卒の生涯年収だと2億5千万で、高卒だと2億円です。

一般的な男性の生涯年収よりも倍以上、それも1年間で稼いでいるのがわかりますね。

ユーチューバーヒカルはなぜ金持ちなのか?

ヒカルさんはお金持ちなのか、収入源が何処なのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

調べみると、ヒカルさんにはユーチューバー以外にも収入源があることが判明しました。

以下がヒカルさんの主な収入源になります。

  • YouTubeからの広告収入
  • 企業案件
  • 経営している会社
  • テレビ番組
  • VAZの執行役員

また、ヒカルさんが初期の頃からなぜ金持ちだったのかについても触れていますよ!

【ヒカルの収入源】YouTubeからの広告収入・企業案件・テレビ出演

YouTubeの広告収入は、平均1再生あたり0.1と言われていますが、ヒカルさんの場合は、動画の再生時間が長く、高評価が多かったりするため、他のユーチューバーに比べ高めに設定されているそうです。

さらに、企業から動画で商品を紹介して欲しいと依頼がくる「企業案件」では、広告収入よりも単価が高く、チャンネル登録数の多いヒカルさんには、数多くの企業からの依頼が来るようです

投稿した動画の中にはスクウェア・エニックスからの依頼もきていました。

さらに、ユーチューバーとして有名になったことでテレビ出演が増えるようなっています。

【ヒカルの収入源】会社経営・執行役員

ヒカルさんはユーチューバーだけではなく会社経営もしています。

会社については公表していないため、どのような会社なのかわかりませんでしたが、噂によるとネット関係の仕事だと言われているようです。

さらに、2016年には、株式会社VAZとの共同でユーチューバー仲間のラファエルさん、禁断ボーイズと共にユーチューバーサポート事務所「NextStage」を立ち上げています

NextStageが開催したイベントでは大満員の成功をおさめ、オフィシャルファンブックが発売され会社経営は順調のようです。

また、会社経営だけではなく、NextStageを共同で立ち上げた株式会社VAZでは執行役員を務めています。

なぜ初期の頃から金持ちだったのか?

ヒカルはなぜあんな大金を持っているか?

ヒカルさんは、ユーチューバーとして活動する前は、ネットビジネスをしていました。

ネット上では「金髪起業家」として有名だったヒカルさん

ヒカルさんの経歴を調べると、かなりのサクセスストーリーで、それだけでひとつの記事になりそうです。

そこをポイントに長くならないよう、出来るだけさらっと彼の経歴をまとめながら説明していきます!

高校卒業から起業家までのヒカル

高校を卒業した後、少しのニート期間を経て工場で働き始めたヒカルさん。

すぐに工場の先輩、上司を見て「こうはなりたくない」と思ったそうです。

そんな中、ヒカルゲームズのメンバーだったりょうまさんの兄・井川さんと呼ばれる人に出会い、井川さんの会社で営業を始めます。

ヒカルさんの動画でもわかるよう、持ち前の巧みな話術ですぐさま営業成績トップを取り、

ヒカルさんは井川さんから独立、起業家としての人生を始めます。

起業家時代の月収は1,200万円!?

すぐさま結果を出したわけではなく、最初の人材派遣の起業は失敗。

結果、多額の借金を背負い失敗してしまいます。

しかし、そこで諦めなかったヒカルさんが行なったのがトレンドアフィリエイト。

そこで15万、100万、200万・・と稼げるようになると、次に手を出したのが情報商材。

自身の経験を人に教える、「アフィリエイトの仕方を教える」という情報商材を売る、ネットビジネスを始めます。

1,000人以上の生徒を持ち、ネットビジネス界のカリスマとなったヒカルさん。

この時、月収1,200万を超えるようになり、今までの稼ぎでの貯金額は10億円近いと言われ、そして最後は、インフォプレナーとして活動し月収2000万を突破

当時のヒカルさんは「50年は生きていける貯金がある」と語っていました

また、その当時に作ったサイトが今も継続的に収入を得ているのではとも言われていますね。(こちらはあくまでネット上の声です)

こうして、金髪起業家の時代にお金を稼いでいたからこそ、動画内で派手にお金が使える、という訳なんです。

ヒカルの金髪起業家時代が嫌われている?

一般の人にはまだ馴染みがない「アフィリエイト」

アフィリエイトとは、あなたのサイト(ブログ)で広告主の商品やサービスを紹介することで、ユーザーが商品を購入するなどの成果があがった場合に報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みです。

ヒカルさんがやっていた手法を交え説明すると。

ヒカルさんは最初に、「トレンドアフィリエイト」という手法でネットビジネスに取り組みました。

トレンドブログとは、「今まさに旬になっている話題」をブログにし、アクセスを集め、広告収入を得るアフィリエイトです。

そのトレンドブログで、先ほども申し上げた通り、ヒカルさんは3ヶ月で月収15万、最終的には月収100万円を超えたを言われています。

そしてトレンドブログの手法を情報商材として売るという企画を立ち上げ、それが月収1,200万円を超えたようなのです。

2013年頃、SNSなどの途中に出る広告にこの動画が頻繁にあり話題になりました。

最初は無料のメルマガに登録してもらい、さらに詳しく知りたければ有料のコースがあると情報商材の販売につなげるわけなんですが。

このような販売手法をうさん臭いと感じた人が「詐欺行為」と言い始めたようで、意見が一人歩きしてしまい、「金髪起業家」ヒカルは詐欺でお金を稼いだという印象が今でも残ってしまっています。

これがヒカルさんのアンチにとっての批判理由の一つなんです!

このように、別に詐欺をしていたわけではなく、イメージが勝手に先行してしまっているだけのようです。

ちなみに、こういった商法は今では幅広く認知されており、ネットビジネスの一つ「メルマガ」として確立されています。

ヒカルさんのパートナーである「まえっさん」や「店長」、ヒカルゲームズの「名人」や「こっしゃん」について!




こちらの記事も読まれています