芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

歌舞伎役者の年収は?トップレベルの役者たちの驚きの年収!!

市川海老蔵さんを始め、
松本幸四郎さん、中村勘三郎さんや
最近話題を集めることも多い
片岡愛之助さんなど
一流の歌舞伎役者であり、
テレビなどもでている役者さんも多いですね。

タレントやアイドルの
収入なども気になりますが、
歌舞伎役者って
どのくらいもらっているんでしょうか

今回はそこについて
収入源も絡めて
トップクラスの方々を
まとめていきたいと思います。


スポンサードリンク


歌舞伎役者収入トップクラス


芸能人の年収は、

たびたび私たちの話題となりますが、

どの業界においても

トップの人たちの収入というものは

誰もが気にするものです。



それでは、さっそく

トップ歌舞伎役者たちの年収

見ていきましょう。



①坂東玉三郎さん

坂東玉三郎
2012年に人間国宝に認定され、

2014年には紫綬褒章も受賞。

歌舞伎界の大御所です。



1回の公演スケジュールでもらえる額は、

およそ800~1000万円と言われております。



歌舞伎の世界は

年功序列なところもあるので、

人間国法ということから

中堅役者と比べると

歌舞伎のギャラは破格ですね。



テレビなどにはあまりでないので、

歌舞伎や劇関連の収入が

主だったものと思われます。



年収にすると

7000万~8000万とのことです。



②松本幸四郎さん

松本幸四郎
2005年に紫綬褒章を受賞、

2012年には文化功労者に選ばれ、

歌舞伎界での活躍は

枚挙に暇がありません。



またCMやドラマ、映画にも

過去多数出演しています。



演劇集団の座長を勤め、

ミュージカル「ラマンチャの男」は

通算1200回を超える

ロングラン作品もあります。



1回の公演スケジュールでもらえる金額は700~900万

ドラマは1話につき

100万~200万円と言われています。



最近はテレビの出演などは

あまりありませんので、

主に歌舞伎や舞台での

収入ということになります。



年収は1億円は超えると言われています。

たとえトップレベルの役者でも、

1億の大台を超える方は

なかなかいないので、

立派な数字と言えます。



③片岡愛之助さん

片岡愛之助
「ラブリン」の愛称でお馴染みですね。

ドラマ「半沢直樹」や

ワイドショーを騒がせたことで

名前を知った方も多いと思います。



オリコンの「ブレイク俳優ランキング」でも

2013年に3位、

2014年に10位にランクインし

歌舞伎以外での活躍場も増えています。



1回の公演スケジュールでの収入は400~600万円

ドラマ1話あたりのギャラは50~80万円

2013年から2015年でCM8本と、

ドラマも7作品にも出ています。



テレビと歌舞伎を合わせると

相当稼いでるようですね。

年収は1億円ほどと言われております。



④市川海老蔵さん

市川海老蔵
歌舞伎と聞いて

この人の名前が出てくる方も

多いのではないでしょうか



最近では女子アナとの結婚や

一般人との喧嘩騒動など、

良くも悪くもニュースが多い人ですね。



歌舞伎での収入は

1回の公演スケジュールにつき400~600万円

ドラマ1話につき100万円ほどということです。


これだけだと

上記の役者さんと比べて

見劣りするように思えますが、

海老蔵さんは他での収入が多いです。



CMの出演での相場は2000万~2500万円

大手企業になれば

もう少し上に行くこともあるようです。



また2013年2014年と

2本の映画に出ています。

しかも主演ですので、

1000万以上のギャラは貰っているのでは・・・



しかし、海老蔵さんが

他の役者さんと違うのは「ブログ」です。



アメーバブログでは

ブログを見られれば見られるほど

お金が入ってくるシステムなのですが

海老蔵さんは

月間で1億回以上見られているんです。



これで入るお金が、

年間4000万円ほどと考えられます。

年収で考えると、

1億5000万円ほどあるのではないかと

言われています。


市川海老蔵特別公演 「源氏物語」 Ebizo Ichikawa’s Special Performance 「The Tale of Genji」【Digest ver.】



まとめ


一億円を超えてきそうなレベルの

トップ歌舞伎俳優さんはこのぐらいです。

国から表彰されるレベルの大御所と、

人気ナンバー1、2を争う方々でしたね。



人気商売なので、

維持するのは難しいと思いますが、

大きな夢のある世界ですね。

今後も歌舞伎界の動向に目が離せません。


スポンサードリンク

あなたにオススメの記事


関連記事

スポンサードリンク

著者情報

kkk
『CRISPY TREND』管理人です。記事がお役に立ちましたらSNSで紹介していただけると嬉しいです!