カジノ法案の内容と、反対派の問題点・賛成派のメリットとは

世間をにぎわせているカジノ法案

海外では一般的なものとして認知されているカジノですが、
初の導入となる日本では
賛成の意見だけでなく反対の声もあります。

そこで今回はカジノ法案について、
そもそもどういう目的なのか、
メリット・デメリットはどうなのかということについて
掘り下げていきたいと思います。

カジノ法案の内容

カジノ
カジノ法案

正式名称はIR推進法案と言います。
IRとは”Integrated Resort”の略であり「統合型リゾート」という意味です。

つまり、カジノ法案はリゾート地としての発展を望む法案ということです。

カジノは海外では非常に盛んで、海外からの観光客に対して効果的です。

また日本人にとっては
新しい文化として今後の生活に浸透することが期待されています。

カジノ法案の目的

カジノ法案の目的については、
上記の通り統合型リゾート地としての発展です。

その発展によりどのようなビジョンを描いているかというのは、
下記のIR議連に提出された文書からの引用をご覧ください。

( 目的 )
第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政 の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針の他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

( 基本理念 )
第三条 特定複合観光施設区域の整備の推進は、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現し、地域経済の振興に寄与するとともに、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ施設の収益が社会に還元されることを基本として行われるものとする。

非常に簡単にまとめると、
カジノという観光施設によってその周辺地域の経済の活性化を促す、とのことです。

カジノ法案と東京五輪

皆さんもご存じの通り、
このカジノ法案は
2020年に開催が決まった東京オリンピックに向けて急速に進められているようです。

というのも、日本という経済大国にカジノができた場合、
アメリカに次ぐ世界第2位のカジノ市場になることが期待されているからです。

2020年に来日する多くの海外観光客に、
日本の新しい文化として認知させたいという意図が見えます。

カジノ法案・反対派の意見

さて、カジノ法案の基本的な内容についてご理解いただけたと思います。

ですが、もちろん良いことばかりではありません。
まずは、カジノ法案反対派の意見をまとめてみました。

カジノに対しての嫌悪感

まずは何より利用者側にとって、
カジノに対してのイメージの悪さが挙げられます。

海外でこそ有名なカジノですが、日本人にとっては未知なるものです。

そこに、主にパチンコによる
「ギャンブル=身を滅ぼす」というイメージが日本に浸透していることを踏まえると、
なかなか受け入れられないのも頷けます。

ギャンブル依存症の恐れ…日本のカジノに日本人出入り禁止!?

ギャンブル依存症によって個人の生活に影響を及ぼすとの意見です。

最近では日本人がギャンブルに依存しやすい傾向があるとして、
日本人は出入り禁止にして海外の利用客のみが入れるようにする案も出てきているようです。

「カジノを解禁しても日本人は利用禁止にすべき」 厚労省の方針は不当な「差別」か? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース
※リンク先は削除されました。

日本のカジノに日本人が入れないというのは、
何とも本末転倒で、
税金の無駄遣い感が否めないですね。

治安の悪化の懸念

治安の悪化については海外でも問題となっています。

統計などは当ブログでは用意できませんでしたが、想像だけでも容易いです。

日本ほど治安の良い国はそう無く、
そこに海外の利用客が集まることで、
何かしらのアクシデントが起こる可能性があります。(あくまで想像ですが)

カジノ法案・賛成派の意見

続いて、賛成派の掲げるメリットを抜粋してまとめました。

経済的にプラス

上記のカジノ法案の内容でも触れましたが、
経済的な面でプラスの効果を生むことが期待されています。

あくまでリゾート地としての発展を促すものですので、
カジノの集客力を利用して周辺地域の活性化につなげることが目的であり、
またそうなることが期待されています。

パチンコ反対派の希望

パチンコは今では日本各地に数多く存在していますが、
その換金方法は法に抵触しかねないグレーゾーンと言われています。

パチンコの換金システムの問題

わからない方に簡単にお教えしますと、
パチンコの玉を直接お金に換えるのは法律で禁じられていますが、

  1. [パチンコ店] 出玉を景品に換えるだけ
  2. [景品換金所] その景品を関係ない店で現金に換えるだけ
  3. [結果] 直接換金していないから法律的に問題はない

と主張するものです。

しかし実際には換金所がほぼ必ずパチンコ店の近くに併設されていて、
関係性はほぼ明白です。

このようなグレーゾーンであるギャンブルに対抗するために、
カジノには合法ギャンブルとして、
非合法ギャンブルの規模拡大に待ったをかける存在になることが期待されています。

カジノ法案・まとめ

非常に簡単にまとめると、

目的 観光地として地域の活性化と海外観光客の増加
反対派の意見 ギャンブル依存症や治安の悪化の懸念
賛成派の意見 経済効果とグレーゾーンギャンブルの廃絶

このようになっています。

私個人の意見としては、賛成ですね。

なぜなら、難しいことは考えず、
単純にカジノという新しい文化を味わってみたいからです。

ギャンブル依存症などは
あくまで利用する側の自己責任によるものだと思いますので、
自分で責任を負えないのならば利用しなければいいだけの話かと思いました。

しかし利用しない人からしたら、税金の無駄遣いだと考えてしまうでしょう。
その気持ちもわかります。

もしこの記事をお読みになって
カジノ法案の是非に興味が湧いた方は、
自分なりの意見を固めてみてくださいね。




こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です