芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

クリケット(ダーツ)のルール-画像で覚えるモテ知識!



別記事でダーツのルールについて書きましたが、
中でも1,2を争う人気の「クリケット」のルールはちょっと難しいので、
1つの記事としてまとめてみました。

元記事
ダーツのルール(01、クリケット)-画像で覚えるモテ知識!

    【目次】


  • クリケットのルール
  • カットスロートのルール
  • まとめ

スポンサードリンク


クリケットのルール



dartsboard3



上の画像のように、15~20の数字とブルを使う

陣取りゲームだと思ってください。



陣地の取り方


1つの数字に3回当てることで自分の陣地にするオープンする)ことができ、

自陣にしたあとにまたその数字のゾーンにあてると

得点をゲットできます。



一番得点が多い人が勝ちというゲームです。



ちなみに、15~20のダブルラインとトリプルラインにあたると、

1回あてただけでダブルなら2回分、

トリプルなら3回分あてたことになります




積極的に狙いましょう。



ブルの場合は、よく見ると赤い丸黒い丸にわかれていますが、

内側の黒い丸にあてると1回で2回分あてたことになります。

ですので20のトリプルを狙っていく方が断然 効率がいいです



マークの見方


またマークの見方も覚えておきましょう。



画像をご覧ください。


dartsboard3



何もあててない時はないですが、1回あてるとスラッシュがつきます。

2回分あてるとバツマークになり、

3回あてて自分の陣地にする(オープンする)と、

バツマークに丸がついた特殊なマークになります。



その数字またはブルを他のプレイヤー全員が自分の陣地にすると、

その陣地はクローズされ、

以降そこに矢をあてても得点はゲットできなくなります



勝利条件


ダーツの矢・黄



規定のラウンドを投げ通して1番点数が高いか、

もしくは全ての陣地を埋めて得点が最も高いと勝ちが決まります。



カットスロートについて



ダーツと人形



カットスロートとは、

クリケットを3人以上でやる場合によく用いるルールです。



3人以上でやるときはこちらの方が主流です。



普通のクリケットとの違い


普通のクリケットのルールでは、

点数をゲットして高いほうが勝ちというルールですが、



カットスロートは相手に点数をダメージとして与えることで、

点数が少ないほうが勝ちとするルール
です。



カットスロートの戦略的なおもしろさ


基本的なルールは通常のクリケットと変わりませんが、

カットスロートでは相手の攻撃を防ぐことが有効な作戦となり

かなり戦略的です。

ダーツを構える

例えば、もし敵が20で攻撃してきた時に、

自分も20を陣地にしていれば

自分にはダメージは来ず、

20を陣地にしていない

他のプレイヤーだけにダメージが与えられます。



このように差ができやすいので、

差をつけるorつけさせないために、

けっこう頭を使います。



時には1位をおとすために協力したり、

あっさり裏切ったりと、

盛り上がること間違いナシです。



まとめ



このように、ちょっとルールがこっていて

難しく感じる方もいるかと思いますが、

何よりやってみることが重要です。



やれば案外カンタンだということが

わかっていただけるかと思います。



そして何よりおもしろいので、

ぜひとも覚えてプレイしていただきたいゲームです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

著者情報

kkk
『CRISPY TREND』管理人です。記事がお役に立ちましたらSNSで紹介していただけると嬉しいです!