芸能情報を中心に、今話題の情報をまとめています。

防災の日と防災週間の由来とは。3月11日も記念日になる?

毎年行われる防災の日、そして防災週間ですが、
行われるようになった由来をご存知でしょうか。

防災の日のことを
いまいちよくわかっていないという方のために、

今回は、

  • 防災の日はいつ?
  • 防災週間とは
  • 防災の日と防災週間の由来
  • 3月11日も記念日制定の動き
以上の4点についてまとめました。

スポンサードリンク


防災の日はいつ?



防災の日は、

毎年9月1日に行われます。



なので、今年2014年も9月1日ですし、

来年2015年も9月1日に行われます。



防災週間とは


防災の日

防災週間とは、

「防災の日」を含めた1週間

防災のための期間とする運動期間の事です。



なぜ1週間という期間を設けるのかというと、

全国的に行う防災イベントなどのために、

準備や移動等を含めた期間として

1週間が設けられているそうです。



実際の期間の参考として、

昨年2013年は、

8月30日~9月5日の一週間でした。



防災の日と防災週間の由来



防災の日が

なぜ9月1日に行われているかというと、

過去に多くの被害を出した

関東大震災が起こった日であるからです。

関東大震災

関東大震災は、

1923年(大正11年)9月1日に、

神奈川県の相模湾付近を震源として起こった大震災です。

マグニチュード7.9でした。



死傷者は10万5000人と言われており、

現在のような建設技術や

ライフラインの安全性が確保されていなかったために、

倒壊した建物と広がる火災で

街は絶望的な被害状況だったようです。



また都心部での地震ということで、

全国的にも経済等で大混乱が起きました。



こういった被害を二度と出さないようにと、

防災の日は制定されました。



なので、一般家庭はもちろんですが、

人口が密集しやすい場所(学校など)や、

ライフラインを管理する企業なども、

この期間はしっかりと防災訓練を行います。



3月11日も記念日制定の動き



2011年(平成23年)3月11日に起きた、

東北地方太平洋沖地震の被害状況などを見て、



現在の安倍政権が

3月11日を記念日として制定する動きがあると報じられています。



以下は安倍総理の発言を引用したものです。



首相は「大震災の試練から得た貴重な教訓を記録に残し、各世代がしっかり受け継ぎ、わが国の防災に役立てることは極めて重要だ」と強調した。

引用:3月11日を「記念日」に 首相が検討 – MSN産経ニュース


東北地方太平洋沖地震はマグニチュード9.0を観測し、
これは過去に起きた日本の大震災である
昭和三陸地震(M8.4)や、上記の関東大震災を
はるかに上回り過去最大であり、
世界的に見ても数えられるほどの大震災でした。

こういった背景から、
災害に対して改めて危機感を持とうと、
記念日制定に動いているようです。

私の個人的な意見ですが、
制定には賛成です。

ご存知の通り、日本は他国に比べて
自然災害が起きやすい国です。
そのため、いつまたこのような災害が起こっても
おかしくはないと思います。

このような悲しい出来事を、
少しでも軽減できるのならば、
制定でもいいのではと考えます。

これをお読みの皆さんにも、
防災の日の意義をしっかりと考えていただきたいです。


スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

著者情報

kkk
『CRISPY TREND』管理人です。記事がお役に立ちましたらSNSで紹介していただけると嬉しいです!